爪先の見えるオシャレを楽しんで美意識を高める

目的に合わせて利用

足の爪を磨く

近年、若者を中心にネイルアートを楽しむ人が増えています。 それにともない、ネイルサロンの数も増え続けてます。 営業形態も、街にある路面店、美容室やエステサロンとの併設、デパートやショッピングモール内、出張サービスなど多種多様です。 また、技術の面も日々進化しており、一概にネイルアートといってもその種類は様々です。 カラーリング、ネイルアート、スカルプチュアネイル、ジェルネイル、カルジェル、バイオジェル、オーダーチップ、ワンタッチネイルなどがあります。 流行によりネイルサロンはより高い技術を求められています。 このような技術全てに対応しているネイルサロンもありますが、どれか一つに特化しているサロンや、対応していない技術のあるサロンもあるので、事前に確認をしてから来店すると良いです。

ネイルサロンではネイリストと呼ばれるスタッフが施術を行います。 ネイリストといってもピンとこない人も多く、どんな資格を持っているかなどの疑問を抱くと思います。 現在日本では、職業としてネイリストになる為に、必須要件たる国家資格、公的資格、許認可などはありません。 民間で独自にネイリストを認定する団体はあるが、この認定は、職業を行う法的な必要要件ではありません。 すなわち、一定の技術力があればお客様に施術を行えるということです。 ただ実際には、なんらかの資格を持って施術を行っている場合がほとんどです。 代表的なものに、JNEネイリスト技能検定3級、2級、1級、JNAジェルネイル技能検定初級、上級があります。 また美容師免許を取得している者が講習などを受けて技術を身につけることもあります。